肌トラブル回避?濯ぎに問題!ニキビができる時あなたはどうする?

「DUOザクレンジングバーム」を利用後にニキビができると感した人

自然と科学が融合したハイブリットコスメ。「DUOザクレンジングバーム」はW洗顔いらずでメイクも洗顔も保湿も兼ね備えたオールインワンクレンジングです。公式ホームページにはパラベンが無添加なので敏感肌の人にもおすすめと記載されていますね。

しかし、「使用後にニキビができる」という口コミを見ることが多いのは何故でしょうか。

「DUOザクレンジングバーム」を使用を考えている。ニキビができる等肌トラブルを抱える人で、一度、評価の高い「DUOザクレンジングバーム」を試してみたいという方、ニキビができるのは何故?理由を確認しましょう!必見です。

ニキビができる人の多くの方が「メイクの落ちが悪い」「洗い上がりがヌルヌルしている」と書き込みしています。

「DUOザクレンジングバーム」での洗顔後はしっとりとするのが正常で、ヌルヌル感があるということは、洗い流しが不十分な場合が多いようです。

もともと肌の温度で溶け出すバームなので泡洗顔と違い濯ぎは今までよりも多い回数が必要となります。しかし、W洗顔不要なので時間的にはむしろ短く済みます。

ここで、W洗顔不要と書きましたが洗い流し十分にしたいが為にW洗顔を行ってしまっている方もいらっしゃいます。洗い流し不十分でも洗いすぎでも「DUOザクレンジングバーム」の効果を期待することはできません。

「DUOザクレンジングバーム」が肌に残ることで毛穴を塞ぎニキビができる原因になる場合がありますし、W洗顔による洗いすぎだと、必要な皮脂まで流すことになり、過剰な皮脂の分泌を促しニキビができる原因となることもあります。

もとが乾燥肌で、「DUOザクレンジングバーム」を試したがニキビができる人

ニキビができる原因のひとつとして、過剰な皮脂が毛穴を塞ぐ「オイリー肌」の人に多くみられる悩みは聞きますが、乾燥肌でニキビができるという場合もあります。

これは極度の肌乾燥により角質層が硬化、毛穴を塞いでしまうことが原因でニキビができるのです。「DUOザクレンジングバーム」を使用して、肌にツッパリ感がある人は「乾燥肌」かもしれません。

多くの美容成分と保湿効果が高い「DUOザクレンジングバーム」をもってしても、硬い角質に覆われた肌の深部に浸透されず、表面の毛穴を塞いでしまいニキビができる原因になるのです。

体質的に「DUOザクレンジングバーム」の成分が合わない人

「DUOザクレンジングバーム」には31種類もの美容成分が含まれています。これらは一部の方には体質的に合わない場合もあります。使用してみて、目の周り(皮膚が薄い部分)等がヒリヒリするという口コミもあります。

この場合は残念ながら「DUOザクレンジングバーム」が肌に合っていない可能性が高いので使用を諦めた方が良いと思います。

ただ、この「DUOザクレンジングバーム」。一度ニキビができるただけですんなり使用を諦めるのは惜しい商品です。正しく使用して正しい効果を得られるチャンスはまだあります。

万が一ニキビができると感じた場合、諦めずにまずは公式ホームページからの問い合わせを利用したり、カスタマーサービスへ電話で問い合わせをして、一度使用方法を見直ししてみることをお勧めします。

 

 

>>クレンジングバームを1番お得に買えるページをみてみる

 

 

SNSでもご購読できます。